中古一戸建てで見ておくべき箇所<安全第一>

建物の違い

建物によっては築年数が古かったり、新しかったりするものがあります。ですので、どのようなものがあり、どんな利点があるのかを把握しておくと、良い物件を手に入れる手掛かりにすることができるでしょう。

古いか新しいか

中古一戸建て

都心部であったとしても料金がリーズナブルとなっているので、費用を極力抑えたい方にいいかもしれません。また、リフォーム工事をすれば好みの家に変えることも可能となっています。

新築一戸建て

設計を自分で決めることができるので、自由度の高い住宅を欲しいと思っているなら新築一戸建てにすると良いでしょう。耐震性にも優れているので、不安に思うことがありません。

中古一戸建てで見ておくべき箇所<安全第一>

一軒家

耐震性

築年数が古ければ古いほど安くなっていますが、新耐震性基準が制定された1981年6月以降のものですと、巨大地震が発生した時に建物が倒壊してしまう可能性があります。ですので、それ以降にできた中古一戸建てを鎌倉で探すと良いでしょう。

女の人

外壁を見る

中古一戸建てを見学に行く時に、屋根が剥がれていたり、壁にヒビが入っていたりするものは購入後すぐにメンテナンスが必要となるケースがあります。そうなったら、費用がかさんでしまうので、鎌倉の不動産会社のスタッフに案内されたら、このようなところに目を向けておくと良いでしょう。

自分の目で確かめること

サイトを見れば評判などが掲載されていますが、それだけを鵜呑みにしてしまうと取り返しのつかない事になってしまいます。大切な家族を守るためにも、きちんと見学に行って確認すると良いでしょう。

広告募集中